2016年9月1日

俊輔が初めてMVPをとった2000年シーズン

俊輔の負傷離脱が続いている。

ルヴァン杯大宮戦では、1stステージのアイデンティティを完全に捨てたチームで完敗を喫した。

その1stステージのアイデンティティこそ、俊輔システムだった。

もうしばらく俊輔のプレーを見ていない。

チームとしても、俊輔ファンの一人としてもつらたん。

IMG_6630

2000年シーズンは、マリノスが1stステージを制し、俊輔が年間MVPに初めて選ばれたシーズン!

2000年のシーズンDVDを買って、過去の栄光にすがってみた。

ハイライトの総集編みたいなDVDで、マリノスの得点シーンや決定機、失点シーンの映像が含まれている。(ナレーション付き)

IMG_6624

一番出場時間が長そうだったのはこのイレブン!豪華!

司令塔に中村俊輔。リベロに松田直樹。監督はアルディレス。

やはり、今から考えると色々カオスな時代でした!

流れの中から普通にゴール決める松田。一番後ろにいたかと思えば、最前線にいる。センタリングからアシストはするわ、俊輔からのスルーパスを相手最終ラインの裏で受けるわ、やりたい放題!

ただ松田の攻撃参加が、チームとしての武器になっちゃってるんだから、もうどうしようもない。

そして俊輔は無双!これが見たくてこのDVD買ったのよ。

もちろん直接FKゴールもあるよ。淳さんのFKゴールも。

まだ若々しい俊輔はパスもシュートも別次元。でも、あの独特のキックモーションとかは今と全然変わってない!

この時の俊輔は中央を一人でグリグリドリブルしていくからねww

ドリブル・キープしながらも周りが見えているから、相手を引き付けてる一方、動き出す味方に決定的なパスを送れる。

あと、キックオフFマリノスの波戸さんはすぐ退場するw

ユサンチョルは強いフィジカルとシュートセンスを生かして俊輔からのパスや、三浦淳からのクロスを決めまくってくれる。

かと思えばDFが足りない時には3バックの一角に入ったりする…

外池もユサンチョルと「ツインタワー」を形成し、主にクロスに合わせて得点を奪う!

やっぱ強い時のマリノスには自慢のストライカーがいる。

川口はチームのメンタルが崩れそうな時にスーパーセーブで勢いを与えた。

個人的に、選手たちには思い入れがあるけど、試合内容について思い起こすことはあまり無かった。

2000年の時のおれは、そんなに熱心にはマリノスをチェックしてなかったんだろう。

このころの思い出が深い人が見たら、すごい懐かしくて楽しめるかも。

いやー何より、俊輔の凄さに改めておどろいてしまった!

タグ: