2016年9月9日

マリノスがポゼッションを回復する方法を考えてみた

1stステージ、ポゼッションサッカーとリスク回避の両看板で戦ってきたマリノスは、今やロクなビルドアップのできないカウンター命のチームになりつつあります。

主な原因は俊輔の負傷離脱です。

マリノスのボール支配率が50%を越える時は、ボールをポゼッションしているというよりは、「持たされている」状況が多いように感じます。

そしてそんな試合での結果はとても悪い。

俊輔がいなければボールを支配して試合展開で優位に立つことはできないのか?エリク監督は本当はポゼッションサッカーしたいはずです。

私だってホントはポゼッションで相手を圧倒するマリノスを見たい。

一人で晩酌しながら、そう思いました…

そこで、最近のカイケくんの活躍を信頼して新しいシステムを考えてみました。

それはカイケくんを偽9番に使う4-3-3です。

img_6693

カイケくんは、中盤まで降りてきて少ないタッチでボールをさばいて相手ブロックに濃淡を付ける役割を果たしています。

カイケくんがどんどん下がってきてしまうとその分相手は最終ラインを上げるので、マリノスのプレーエリアは狭くなり、やり辛くなります。

そこでエリク監督は4-2-3-1を4-4-2に変えて、もう一人のFWを相手最終ラインを引っ張る役割に当てましたね。

1stステージでは敬真がやっていましたが、翔さんの方が相手DFを背負った場面で耐えられる強度をもちます。

でも、そこをウイングに任せてはどうでしょうか?学と兵藤にこの役割を託します。

この二人にサイドからグイグイ最終ラインを引っ張ってもらいましょう。カイケくんは中盤まで降りて、その動きでマーカーをずらし、プレッシャーが少ない状況でボールを触ります。

カイケくんにもし相手CBがついてくるようなら、両サイドのウイングがその空いたスペースを利用しちゃいます。

ウイングの学や兵藤と、サイドで数的優位を作りながらポゼッションを深めます。カイケくんと兵藤は、お互いに細かい動きなおしでパス交換ができるいいコンビです。

4-3-3は選手ごとに三角形の形を作りやすいのでポゼッションサッカーに適しているとされています。バルセロナで採用されているのは4-3-3です。

翔さんはカイケくんと入れ替わるように前に出て行きます。カイケが降りてくることによって作ったギャップに翔さんが入り込んでいきます。カイケくんが偽9番なら、マリノスの真のストライカーは翔さんなのです。

カウンター起点にうまくなれる翔さんは、スタート位置でトップ下にいてもらいたいというのもあります。

守備で4-4ラインを作れないのはエリク監督はすごい嫌いそうです。

でも、学も兵藤もボールを奪われた時にすぐに守備に切り替えられるし、場合によってはポジションを下げてプレスバックできる運動量があります。

むしろ高めのポジショニングを生かして、できるだけ高い位置でプレスをかけてショートカウンタを狙いましょう。

ポゼッションサッカーの最大の利点は、相手にボールを握らせないことで、そもそも守備の時間を減らすことです。ポゼッションしよーぜと言ってんのに過度に守備のとこを考えるのはナンセンス。

それでも守備が心配だというエリク監督のために、ボランチは対人守備とセカンドボール回収に優れた守備的人選です。喜田と中町で文句ないでしょう。

センターバックにはパクジョンスを推します。パクジョンスの冷静でスキルフルなビルドアップはまさにマリノスのCB陣に足りていないものです。

中盤に中町と翔さんがいることで、制空権争いも後手に回ることはありません。たぶん。

このシステム、全てはカイケくん次第です。あとはカイケくんを信じるだけ!笑

机上の空論だし、拙い妄想だけど、思いついたついでに書き溜めました。