2016年7月23日

7/23 横浜Fマリノスvsジュビロ磐田

IMG_6163.jpg

2nd第5節

横浜Fマリノス 1-1 ジュビロ磐田
25 カイケ(横浜)
62 川辺駿(磐田)

ホームに迎えるのは1stでいい思い出のある磐田。手堅く勝ち点を拾い、まだ4節しか終えてないものの首位。俊輔が本格的に復帰し、スタートダッシュの勢いに老獪マリノスの味を付け加えることはできるのか?

前から行くぞという気概を、前半開始早々にまず見せていくのが名波流。序盤からグイグイいって、特にアダイウトンなんて中盤降りてくると一人でサイドのオープンスペースまで持ってってドリブルつっかけてきました。

ジュビロは1stの時とは違って3バックを採用しています。

IMG_6193.jpg

アダイウトンとジェイにあまり守備は期待できないので、ボールサイドのSH(右の太田吉彰と左の中村太亮のうち一人)とボランチ二枚でボールを囲むような守備。サイドチェンジされる前に奪いきるのが必要です。

一方逆サイドのSHは最終ラインに参加して実質の4バックを作ります。磐田のSHは状況判断・機転と運動量が期待されるので大変ですね。

マリノスはまずはブロック安定から入ります。ジュビロに回させながらも、スペースを与えずに守備からペースをつかもうとします。入り方が巧いのが俊輔システムの特徴。

また、カイケが下がってボールに触りたがる時に、俊輔が入れ替わるように裏に向けて走り込むシーンが前半かなり見られました。チームとしてカイケと俊輔の両立を探る中でキャプテンが奔走していますが、でもやっぱり俊輔は裏抜けの選手ではないです。カイケはボールの出しどころを得ますが、あまり効果的だとは思いません。

前半10分すぎからマリノスが徐々にポゼッションを開始し、万全の状況で試合を支配しにかかります。

全くもって試合前から予想できた現象なんですが、カイケと俊輔の併用では前線中央に誰もいなくなります。もはや磐田のCBは誰にマークしていいのか分かりません。周りに誰もいないので笑

磐田ブロック外で華麗にパス回ししても仕方がないので、結局は学やマルティノスに変化をつけさせるしかないのが現状です。

守備では、インテンシティを保ちつつも食いつきすぎないで、磐田がボールを握る時間帯を恐れませんでした。広島戦の時から続いている割り切りディフェンスで、とにかく隙を作らずにカウンターの体力を温存します。

ロングカウンタを何回か作り、俊輔が低い位置からマルティノスとカイケを操るようになります。カウンター起点中町よりも、今日はカウンター起点俊輔も多かったです。質は上がるけど、受け手の人数は少なくなるので単純に良いとも言えません。

特に決定機もなかった時間帯に、俊輔の守備からショートカウンタを作り、マルティノスとカイケだけで先制点をもぎ取ります。二人がクロスしながらパス交換、マルティノスが相手の真ん中のCB大井健太郎を引っ張った場所にカイケが入り込みました。

一つのチャンスを決めきってしまい、首位の勢いを感じる先制点!

その直後に中村太亮のクロスをアダイウトンにヘッドで合わせられますが哲也のナイスセーブで凌ぎます。

マリノスは一貫して磐田の3バック脇を突き続けました。祐三のロングボールからマルティノスが抜け出すと、カイケへ。でもカイケのシュートは宇宙開発。

この時は、磐田の両SHが前がかりになった上で、CBの一角の森下俊が最終ラインを勘違いするというお粗末な守備でした。

カイケとマルティノスで3バック脇を攻め起点にしつつ、先制しているので危険を冒して攻め込まない盤石の試合運びで前半を締めました。

磐田は3バック脇を攻められると、本来プレッシャーに来るはずのボールサイドの SHが裏をケアするために最終ラインに残ってしまうようになり、5バック気味になって中盤の攻防で不利になります。

俊輔とマルティノスがポジションチェンジして、俊輔をブロック形成に組み込む一方でマルティノスをカウンターに残す試みもありました。いつの間にカウンター命のチームになった!笑

あと、前線の人数不足を補おうと積極的に前に出る両SBに好感を持ちました、金井は自分でシュートも打ったし。

後半は磐田はさすがに3バックのところを修正してきました。中村太亮を一つ下げて左SB気味に、パパドプーロスは右SB気味の位置取りをして、前半のように3バック脇を狙われないようにします。

後半すぐに、FKの流れからアダイウトンにゴリゴリ突破されて森下のヘッドから決定機を迎えますが、またもや哲也のスーパーセーブで助かります。アダイウトンは展開とか数的不利とか無視して一人で決定機を作ってしまうので嫌ですね。

先制すると守備意識が強くなりすぎて間延びするのは最近のマリノスの悪い癖です。バイタルエリアで潰しきれなくなったところを、ボランチの川田駿に豪快なミドルシュート浴びて同点にされます。広島戦でも、先制して迎えた後半に危ないミドル2本打たれていたのに改善できなかったかぁ…

頼みの綱の3バック脇を固めてきた磐田に対して、マリノスはサイドにいい状態でボールを渡せず手詰まり気味に。磐田ペースの後半でした。

そこでカイケに代えて翔さんを入れて変化を起こします。カイケはまだまだやる気満々でしたが、得点シーン以外を見れば交代は妥当でした。

中澤がロングボール処理を誤ったところをアダイウトンに突破され、ファビオも振り切られてGKと一対一を作られますが、哲也が止めました。哲也やばすぎる!

後半35分あたりになってようやくマリノスに決定機。中町からマルティノスが一人で長い距離運んで、最後はPA内まで持ち込むもGKに阻まれます。学がフリーで中にいたのでパス出して欲しかったけど、エゴが出ましたね。

ホントにマルちゃんの個人技カウンター命のチームになりつつあります…

そりゃこんな飛び道具が居て、手数かけずに攻撃できるなら頼っちゃうよな…

磐田はサイド攻撃を多用するようになりますが、攻め込まれるとやっぱりボランチが最終ラインに吸収されるので、アダイウトンにPA内からシュート打たれます。これも哲也のハイパーセーブ!

もうこの辺になると、両チーム中盤スカスカのカウンター応酬合戦!オープンな展開で、これなら俊輔が前残りしていても大丈夫です。

カウンターなのに俊輔が前で絡める、という素晴らしい状況が生まれ、マリノスが怒涛の攻撃を見せました。

俊輔の左サイドから学に完璧なクロス!学はボール前でフリーでダイビングヘッドしますが枠を外します。これは決めるべきでした。

翔さんにもファビオとのワンツーから惜しいシュートがあったし、終了間際にはゴールライン際でクリアされる場面も。押せ押せムードの中、次々と訪れる決定機に興奮しっぱなし!

ただ、あと一歩で決めきれす同点で試合終了。
カウンター命のチームで、居場所を確立しつつあるのはカイケではなく俊輔です。引いて後ろからマルティノスを操ることもできるし、オープンな展開に前残りで違いを作りこともできる。カイケはゴールとして結果を残し続けるしかないですね。

それでもこのままワントップで使い続けるのかな?2nd湘南戦で共存の難しさは決定的になったと感じていましたが、エリク監督はどのように着地点を探っていくのでしょうか?