2017年1月12日

早すぎる来季(2017)のスタメン予想

中町と飯倉と翔さんの契約更新の発表を見て、とりあえず最低限に必要な戦力が揃ったと思いました。

特に中町公祐の契約更新が嬉しくて、大して意味のない投稿をします。

つまり、まだ新体制発表会も行われていないのに来年のスタメン予想第一弾を作ってみました笑。下馬評が著しく低く、J2降格を予想する人も結構いるようだけど、個人的には来シーズンがとても楽しみ!

なかなかひどい内容の新聞やネットニュースも見ました。仮に今年の試合をまったく観なかったとして、「オフシーズンのマリノスの記事を書け」と言われたと考えてください。ああいう感じの記事なら書けそうです。そうゆうレベルです。

IMG_7814

GKはもちろん飯倉が最有力。杉本大地も好きな選手なのでスタメン争いを期待している。

中町にはCBで出場してほしい。CBにしては小柄だけど、競り合う力は十分にあると思うし、マリノスCB陣に足りないパスを散らす能力を補完してくれるはず。

今までも、被クロス時はゴール前まで戻ってくれていたけど、より責任感のあるマークが求められる。

中町にはマリノスらしさが詰まっている。

リスクが大きすぎるときには無理をしないような、守備的な危機管理能力。球際でのズル賢い対応。

要所でチームを締め(コミュニケーションだけではなくプレーからも)、どんなに攻め込まれても臆さない。

ここぞというときのセットプレーからの得点力。

中町を欠かすのはいまのマリノスにとって痛すぎると思う。若手中心のチームは、もし勢いをなくしたときにアイデンティティと自信を失って迷走してしまうのではないか、とか心配していた。

中町の代わりには扇原貴宏もいる。守備力には不安があるけど、展開力は随一だ。(新戦力チェック-扇原貴宏)

もう一人のCBはパクジョンスが見たい。2ndステージ終盤で見せた鋭い縦パスは評価されてしかるべき。

安定感と対人の強さ、鋭い読みや空中戦で言えばやはり中澤が一番だし、天皇杯でまずまずのプレーを見せた新井も、ベテラン栗原も控えている。

サイドバックは金井と新加入の松原健を予想した。下平の怪我によって出番が回ってきた左SBの金井は、試合を経るごとに短所を長所が上回るようになっていった。

来年は下平も復帰するだろう、柏の山中亮輔も加入し、熾烈なポジション争いになる。

ボランチは天純と喜田が務める。ルヴァンカップや天皇杯で見せた、後方からの推進力はまったく新しいマリノスの武器になるだろうし、この二人を中心に来年のチームは作られる。

オフェンシブな中盤には左に前田直輝、真ん中に敬真、右に遠藤渓太がふさわしいと思う。学が残留してくれればそれに越したことはないが、こればかりは学次第…

今までマリノスは右利きを左SHに、左利きを右SHに起用してきた。カットインしてからのシュートを期待している。学ほどの脅威を与えられるならまだしも、前田直輝が右SHで生きることは少なかった。

むしろ単調なプレーは読まれやすいし、右足が極端に苦手な前田は窮屈そうにプレーしていた。簡単なミスも多かった。

そこで2ndステージ終盤はトップ下で使われるようになり、意外に堅実な守備や、周囲との細かいパス交換での足元の技術では、前田らしさが存分に発揮されていた。

ルヴァン杯や天皇杯のガンバ大阪戦での、前田・敬真・天純・喜田の4人の最高の距離感を維持して欲しいので、敬真をトップ下にした。

敬真は、宮崎キャンプを経てからプレースタイルが変わって、前線で起点になりながらも潰される前に簡単にはたくようになった。裏にがむしゃらに走り込んだりはしないで、どちらかというとトップ下的な役割を果たしてるように見えた。

翔さんにもこの役割が望める。翔さんは、カウンターの起点としてとても優秀だ。

右サイドは、今シーズンと同じだとマルティノスだろうか?マルティノスのドリブルは魅力的だけど、ムラっ気のある守備で後半になると足を引っ張った。

新加入の松原には積極的な攻撃参加と高精度のクロスが期待出来る。マルティノスとの相性は良くなさそう。

サイドバックで守備の経験を積んだ遠藤の方が安心して見れる。でも、後半の疲労が溜まる時間帯にマルティノスが出てきたら、相手は相当嫌なはず。

ワントップはウーゴ・ヴィエイラにしてみた。敬真と2トップでもいいし。とりあえず期待してますw

FWは、レンタル移籍から復帰した仲川でも良さそうね。

スタメン予想というか、ただの希望でした笑

まだ1月ですね。開幕までは長いです…

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ