2017年2月19日

2/18 スタジアム観戦記@野津田公園

まだシーズン開始前ですが、町田ゼルビアとの練習試合に行ってきました!

富山の細川が帰ってきたので、昨日は横浜の地元で山田と三人で飲むことにした。待ち合わせまで時間があったので、本屋で今年の選手名鑑を買った!ちっちゃくて持ち運びに便利なやつ。

お店に着くと細川がおれの選手名鑑をペラペラめくり出して、「この選手ここに移籍したのか!?」てきな話を3人でだらだらやった。意外とJ2とかJ3のページの方が盛り上がるよね。知らない情報が多いし、懐かしいベテランがいたりして。

山田の提案で明日町田行こうってことになって、2時には解散。

試合は朝の11時から。前日飲んだからしんどかったけど、サッカー観戦のためならけっこう頑張れることに気づいたよ笑

野津田公園は町田の僻地にあるって聞いていたけど、山田が何度か行ったことがあるらしくて現地ガイドをやってくれたので、遭難せずに済んだ。

IMG_8142

試合の話をします。

横浜Fマリノス 4-0 町田ゼルビア
前半 ウーゴ・ヴィエイラ(PK)(横浜)
後半 前田直輝(横浜)
   富樫敬真(横浜)
   前田直輝(横浜)

後半途中からぞろぞろ選手が変わったけど、スタメンはこちら。

IMG_8149

序盤から町田の前線プレスが異常に活発で、とても後半のことまで考えているようには見えなかった。

それで前半はマリノスのビルドアップがほぼ成功しない。喜田がCBの間に落ちていく効果がなくて、SBも動きで違いを作れずに5バックみたいに。

それでも中澤とミロシュはJ2相手に対人能力で大きく上回り、安定感を得た。ミロシュはCKのこぼれ玉をミドルシュート!ダイナミックかつ美しいキックフォームに魅入ってしまった。

期待されるミロシュのロングフィードは、学サイドへの精度がいまひとつ。風が強くてブレまくってたので難しかったか。マルティノスのサイドには良いのが飛んでた気がする。

学の強引な突破からウーゴが微妙な判定でPK。先制するものの、裏へ学やウーゴを走らせるチャンスメイクばかりで、しかも単発。後ろに重くてなかなか厚みを作れない。

もちろん去年もだけど、相手プレスがインテンシブだと早めにサイドに逃げてしまいがち。預かってはハタくだけでいいから、もっと真ん中で時間と注意を集められる選手が必要だった。

ダビバブのテクニックは圧巻だった。はじめてみたおれは舌を巻いた。トラップとパスの粋が結集されている。

囲まれても取られないし、周りの選手からしたらダビバブから良いパスが来るので開きたがるけど、もっと近くで関与して、何度もダビバブに触らせる場面を作る人がいればさらに彼が活かされる気がした。

天純とダビバブの縦関係があまり良くなかったかも。2人とも高精度のパスを前線に出せるけど、役割が被りがちなこの2人がどう連携していくかは課題。

最終ラインでのパス回しは相変わらず苦しい。去年と違うのは苦し紛れのロングボールにも意図と精度がある程度備わっていて、たまに奏功すること。ミロシュだけじゃなくて、どのポジションからでも前3人を走らせる鋭いパスが出てくるのには驚かされた。

ウーゴはスピードを活かしたそうなプレーをする割にはドタバタ感が拭えず。まだ本調子とは言えなそう。

目を引いた意識改革は、味方が倒れてもすぐリスタートが徹底されていたこと。戦術の中にも勝ちへの執着心が感じられた。マルティノスもそろそろコロコロ転げまわるのは卒業するべき。

ウーゴが審判に文句を言おうとした時、学から何度も「ウーゴ!ウーゴ!!」と呼び止める声。今日は選手との距離も近いし、会場が静かなので選手の声がよく聞こえた。やっと学の方を振り向いたウーゴには、手を胸に当てて落ち着け!のジェスチャー。

後半は呆気なく町田がばてて、ボールが回りやすくなった。それでもボールを握るというよりは、速攻の形がメイン。

選手交代も次々と。縦への意識で差をつける中町と、センス溢れるサイドチェンジの賢星とそれぞれ良さを見せるけど、真ん中で相手を潰すことを考えると喜田の代わった穴は大きかった。

前田のように、ポジションを変えながら中継できる選手が入って、急に展開がスムーズになった。前田はまず体を中に向けるけど、マルティノスはまず外(縦)に向ける。中の動き出しが豊富ですぐれたパサーが多いので、細かいパスからすぐ動き直せる前田の方が活躍している。前田は縦への推進力でマルティノスに劣るから、特徴ごとに使い分けられればいい。おれは今のマルティノスを先発で使ってほしくない。

扇原は途中からCBにされちゃったこともあるけど、攻撃面の持ち味を出すことができなかった。

敬真の動きは周りからよく理解されていて、ダビバブを中心にピッタリなパスやクロスがいくつも供給された。前田のゴールをお膳縦するヒールアシストや、強引な突破からゴールも記録し、結果も十分。リーグ初戦は敬真がワントップを務める。じゃなきゃおかしい。

風が強くて寒かったけど、勝負どころを逃さないJ1の貫禄を見せての勝利に満足して帰った。開幕への期待が膨らむ膨らむ!

細川の実家に選手名鑑を忘れたので結局細川のものになってしまった。また買わなきゃ…笑

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ